1. TOP
  2. 本の出版
  3. 出版する本の原稿を執筆する方法

出版する本の原稿を執筆する方法

出版が決まったら、今度は執筆。

とはいえ、本を書くことなんてはじめてのことだと思いますので、初心者ということになります。

きっと、本を書くためには何をすればいいのか、よく分からいことでしょう。

出版社の編集者などが本を書く方法をしっかりと指導してくれる場合もありますが、必ずしも指導してくれるとは限りません。

 

ブログをやっているのであれば、同じような準備をして、同じような要領で時間をかけずに書けるとお思いかもしれませんが、そんなに甘いものではありません。

 

原稿を原稿用紙に書くわけではなく、PC(WindowsやMacintosh)で執筆をするのであれば、それなりのソフトもあります。

また、移動中などのちょっとした時間にもiPhoneなどのスマホで原稿を執筆するのであれば、最適なアプリもあります。

 

実際に原稿を書くにせよ、本のテーマについて、どれぐらいの文字数が必要なのか、どんな構成で原稿を書けばいいのか、図版や画像はどうすればいいのかなど、分からないことはいっぱいあるはずです。

表現にしたって、語彙力がないと本当にこの表現でいいのか、それとも別の言い方で類義語があるのか…。

とにかく、そういうことにはコツがあるんです。

 

もし、原稿を書くのが面倒だというのであれば、代筆などを仕事にしているライターさんもいらっしゃいます。

本業でやっている人と副業でやっている人とで費用などは異なりますが、いずれにしても、印税の金額内に収まりますので、ご安心ください。

 

この記事には、本の原稿執筆に関するいろいろなことを書こうと思います。

 

出版する本の原稿の書き方について

企画を売り込んだら、今度は原稿の執筆です。

本の原稿を執筆するときに、なれていないと手が止まることもしばしば…。

息抜きをしながら書くと、ついつい原稿も脱線してしまい、なかなか上手くまとまらない。

執筆期間中、他のコトや新しいコトも思いついたりして、話しの流れがおかしかったり、一貫した話しにブレが…。

 

こんな方々のために、一番、簡単な原稿の書き方を書いておきます。

この方法は、縦書きだろうと、横書きだろうと関係ありません。

 

それは、まず、企画書に書いた構成案(目次案)をエクセルにコピペします。

構成案は、章構成から節構成ぐらいまでは書いてあるはずです。

章と節は列をずらして、階層構造にするようにしてください。

そしたら、今度は節の下の階層に、その節で説明したいことを箇条書きでどんどん書き足します。

箇条書きは、執筆期間中に思いついたら、ドンドン書き足してもらって構いません。

箇条書きは多い方が、次の行程が楽になるから、毎日のように階層構造を見直しながら、思いついたらドンドン追加していきましょう。

あとは、その節の箇条書きを見ながら本文を書いていけば、終了です。
簡単に言えば、構成案(目次案)を肉付けしていきながら、一冊の書籍に仕上げていく作業と言った方が分かりやすいかもしれません。

 

実は、テキストファイルで原稿を書くと前後関係が把握しづらいため、話しの流れが見えにくくなるのです。

その点、エクセルだと、各項目を階層構造にすることができるため、全体を俯瞰して見ることができます。

そして、新たに追加したい内容についても、階層構造から最適な場所に付け加えることも可能なのです。

 

ただ、セルの設定を執筆しやすいように設定しなければなりませんし、執筆終了後にしっかりと原稿用にコンバートする必要があります。

この方法は、はじめて執筆される方には最適な方法なのですが、ここができない方が多いので、あまりオススメしていないのが実情です。

もし、エクセルに自信がある方は、是非、挑戦してみてください。

 

やってみると分かるのですが、ワードなんかより、全然、使いやすいですよ。

 

 

本を書くとしたら、企画は読者の顔を思い浮かべて考えよう

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。

その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。

 

書籍は出版社の商品です。

出版社は企業である以上、営利団体なので、売れる商品しか作りたくありません。

当然ですね。

 

もし、自分の「書きたいこと」が売れる内容であれば、問題ありませんが、ほとんどの場合がそうではありません。

 

では、どう考えれば良いかというと、答えは簡単です。

自分が書けることで「売れそうなこと」を考えれば、良いのです。

 

読者は、お金を出して本を買います。

お金を出す以上、その金額に見合った情報が盛り込まれていなければ、本は売れません。

そのことを念頭に企画を考えてみましょう。

 

 

そして、本を出す以上、そのことは読まなくては、理解できないことであった方が良いでしょう。

そうすることで、本にする意義が出てきます。

一言で済むような内容をわざわざ一冊になるようにまわりくどく説明するような本や目次を見ただけで言いたいことが分かってしまうような本は、売れませんし、紙の無駄です。

また、立ち読みで理解できる内容では、手に取ってはもらえても、立ち読みで済まして買ってはもらえません。

 

企画を考える場合には、必ず、読者の視点で考えるようにしてください。

売れそうなことで、本の定価以上のお得感のある内容で、本にしなければ伝わらないことであれば、企画は通ります(通らない場合は、企画を提案する手法の問題だと思います)。

そして、その本は、きっと売れるでしょう。

 

もし、それでは書く意味がないとか、書きたいことで本にしたいと思うのであれば、自費出版をオススメします。

お金を払えば、たいていの内容は本にすることができます。

 

本の原稿を執筆するスケジュール管理について

長年、出版業界に身をおいていると、業界外の人との意識のズレを感じます。

 

それは、スケジュールへの意識です。

 

私が出版業界に入った時に一番最初に教わったことは、「親の死に目に会えなくても締め切りを守れ!」ということでした。

それは、本を一冊作るのに多くの職種の方々による、幾重にも及ぶ工程を経るため、一人でもスケジュールを守れない人がいると、後工程で控えている多くの方々に多大な迷惑をかけることになるためです。

そのため、出版のスケジュールは、各職種の方々のスケジュールを調整した上で、かなり緻密に作られております。

 

著者の場合、一番上流にいることになるので、その著者が原稿を遅れると、そこから先の全ての工程に影響が出てしまい、多くの方々に迷惑をかけることになるんです。

 

例えば、著者の方が半日原稿を遅れたとします。

半日であれば、工程上、吸収できるレベルではありますが、朝から原稿待っていた次の工程の方は何もできずに半日を過ごすことになります。

そして、その半日の遅れを取り戻すために、徹夜で作業することになります。

編集者にしてみれば、著者の身勝手な遅れで、いきなり定時帰宅の予定が徹夜になってしまうわけです。

自分の身に置き換えて考えてみれば、それがどれほど精神衛生上、よくないことかは分かるはずです。

しかも、それだけではありません。

徹夜で作業を行うということは、その方の残業代や深夜残業代など、本来、発生しないコストも発生します。

当然、そのコストは誰も負担してもらえないので、各自の持ち出しになるのです。

 

半日だけでも、その影響が大きいわけですから、1日以上の遅れになったとしたら、さらに問題を深刻化します。

場合によっては、発刊延期や発刊中止になることもあるでしょう。

 

 

スケジュールの管理は社会人の基本ですが、「少しぐらい」とか、「半日なら」と、軽く考えがちな傾向を感じます。

 

出版におけるスケジュールは、“絶対”です。

 

この意識をしっかり持てないのであれば、出版は諦めた方が良いでしょう。

たとえ、一冊は後工程で吸収して大事に至らなくても、よほど売れない限り、二冊目が決まる確立が格段に落ちることは間違いありません。

 

実は、このスケジュール管理への意識は、出版が決まるまでの打ち合わせでも見られています。

平気で5分、10分と遅れる方は、スケジュール管理の意識が低い著者と認識されるので、実務に限らず、日常的に意識したほうが良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ビジネスを加速する商業出版の方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビジネスを加速する商業出版の方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 書籍を出版したいと思った時の注意点

  • 本の企画を出版社に売り込みする方法

  • 出版社の編集者が採用する出版企画書の書き方

  • 出版社の編集者が喜ぶ本の企画

  • 著者が出版した本を売る方法

  • 本気で本を出版したいと思ったら…