1. TOP
  2. ブログ
  3. ブログを書籍化して出版する方法

ブログを書籍化して出版する方法

ブログを書いている人の中には、その内容を書籍化して、商業出版したいと思っている人も少なくないと思います。

結論から言うと、ブログの書籍化は可能です。

ただし、有料の場合と無料の場合がありますので、お気をつけください。

 

有料の場合の情報は、たぶん興味がないと思いますので、ここでは無料で書籍化する場合の方法について書きたいと思います。

 

ただし、前もって言っておきますが、何でもかんでも本になる訳ではありません。

書籍化されるブログというのは、なるべくして本になっているので、そこは勘違いしないでくださいね。

 

ブログやメルマガの書籍化は売れると思いますか?

よくブログやメルマガの書籍化を目指されている方がいらっしゃいますが、現状では無理だと思った方が良いでしょう。

 

企画を売り込みに行くときには媒体を持っていることはアドバンテージになりえますが、決してそのまま書籍化を望んでいるわけではありません。

メルマガやブログはあくまでもリソースと考えた方がよいでしょう。

 

メルマガやブログと書籍はメディアとしての特性が大きく違います。

メルマガやブログは無料ですし、書籍は有料です。

メルマガやブログは時系列で発信された情報ですし、書籍は体系化された情報です。

メルマガやブログはモニタで読みますし、書籍は紙で読みます。

それぞれの特性を考えれば、読者ターゲットが違うことはおわかりいただけると思います。

 

つまり、メルマガやブログの書籍化は、あるターゲットのための情報を情報をそのままに違うターゲットに発信するようなものです。

当然ですか、結果、売れません。

 

かつては、そのまま書籍化できた時代もありましたが、結果的に売れなかったため、今ではほとんどないと思った方がよいでしょう。

 

ブログで本を出版するのは狭き門

ブログを書籍化したい人って、意外に多いようです。

このブログの検索キーワードを見ても、結構、ニーズがあった情報なのだと思います。

 

しかし、ブログの出版は狭き門です。

 

そもそもブログの特性として、無料で読めることと、コンテンツとしてクオリティを意識しているブログが少ないことが理由です。

それでも可能性がゼロではありませんから、どうせブログをやるなら書籍化されやすいブログにしましょうという提案のつもりで記事を書いています。

 

逆に言えば、そこまでして出版社のオファーを待つのであれば、信頼性の高いブログを用意して、出版企画書を書いて売り込んだ方が、圧倒的に近道ということです。

 

ブログの書籍化にこだわる理由は分かりませんが、出版が目的なのであれば、オファーを待つよりも、出版企画書を作成して攻めるべきだと思います。

 

ブログを書籍にするには出版社の視点を理解しよう

ブログの書籍化を目指しているブロガーの方は多いと思います。

しかし、実は、ブログの書籍化というのは、戦略的にやっていかなければ、ほとんどチャンスがありません。

 

実際、今日も出版社の方と打ち合わせがあったので、ブログの書籍化についての意見を聞きました。

その方もブログの書籍化についていは消極的だったのですが、理由は以下の2つです。

 

  • もともと素人が作ったコンテンツなので、商品価値が低い
  • そもそも無料で公開されているコンテンツを商品化する理由がない

 

私もその通りだと思います。

 

素人だからというより、ブログの記事をしっかりと考えて、コンテンツとして価値のあるものとして書いている方って少ないですよね。

そして、無料で公開しているデジタルコンテンツを有料のアナログコンテンツにコンバートするのですから、そこに何かしらの必然性がないと難しいでしょう。

 

もし、ブログの書籍化を目指すのであれば、この2つの理由に対して、反論できるだけの理論武装が必要になります。

ただ、その前に、その理論を持って、自分のブログを改善し、運営してみましょう。

ブログは企画書の代わりになります

もし、ブログを運営しているのなら、出版企画書のプロフィールには、ブログのアドレスは記載しておいた方が良いでしょう。

ブログを読むことで、企画をより深く理解することもありますし、文章力を確認することもできます。

また、新たな別の発見があり、企画が洗練されることもあるでしょう。

そして、何よりありがたいのは、ブログが企画書の内容と同じテーマで書かれている場合、ストック原稿が記事の数だけあるということに判断できることです。

 

逆に言うと、出版企画書のプロフィールにブログのアドレスを記載するのであれば、出版社の人に見られても問題の無いようにしておいてください。

たまに、出版への本音を書いてらっしゃる方がおりますが、それを出版社の方が見たらどう思うかを考えるべきだと思います。

嘘を書けとは言いませんが、書かなくてもいいことを書く必要は無いということです。

 

あと、もし、本にしたいテーマと同じテーマでブログを運営している場合、そのブログは企画書の代わりになります。

もちろん、そのまま書籍化することはほとんど無理ですが、本にしたいテーマを伝えるという意味では、ブログはありだと思います(ただし、ブログを見てもらえる関係でなくてはなりませんが…)。

もし出版をされたいのであれば、是非、そういう使い方も想定してブログを運営してみてください。

そうすることで、通常の読者さんにもより分かりやすく、より伝わりやすいブログになるはずですから。

 

 

出版化されたブログに学ぶタイトルの付け方

今のご時世に日記が書籍化するのは、極々稀です。

ほぼ奇跡に近いでしょう。

なので、逆にちゃんとしたコンテンツが書かれていることをアピールしなくてはなりません。

そういう意味では、「ハッピー」や「幸せ」といった相手に内容を伝えづらくなる抽象的な単語は、あまり使わない方が良いでしょう。

「成功」とかもそうですね。

 

次に肩書きの話しです。

数年前からSOHOが流行り出した頃から、個性や差別化を図るのにおかしな肩書きを名刺に書く人が増えました。

しかし、これから一緒に仕事をしようと思って探している相手が、おかしな肩書きだったらどうでしょうか?

嫌ですよね。

公的な資格が無いのであれば、せめて“コンサルタント”や“プロデューサー”など、職務内容がイメージできる肩書きにしておきましょう。

 

次は個人名です。

よくブログに『●●の徒然日記』などを見かけますね。

でも、ビジネスフィールドで自分のことをニックネームで呼ぶ人って、やっぱり嫌ですよね。

個人名やニックネームを使いたいのであれば、有名人になることです。

有名人でなければ、その名前を載せることで、プラスの効果は見込めないので、意味がありません。

どうしても使いたいのであれば、個人名でもニックネームでも構いませんので、使う前にまずは有名になってください。

有名になってしまえば、名前でもニックネームでも構わないので、有名になった方を使うとよいでしょう。

あ、あと、有名でもないのに『●●の公式ブログ』というタイトルにする方もいらっしゃいますが、同じです。

 

最後に、擬音や口語体、顔文字などですが、これは論外です。

軽くて素人くさく見えるばかりか、ふざけている感じがしますので、こういうブログは、全く相手にされません。

まず出版は諦めましょう。

 

本気で商業出版したい人は、もう一つブログを開設してもいいかもしれません

いろいろなブロガーさんと交流をさせていただくと、こういう仕事をしているので、当然、出版…という話しになり、企画書をお預かりします。

 

その企画書を出版社に見てもらうと、当たり前ですが、ブログはチェックされます。

ブログは見込み客になりうる方々や自分のファンに向けられていますので、皆さん個性的なブログになっていて、それはそれで問題ありません。

しかし、出版社の方が著者として一緒に仕事をするかどうかという視点でそのブログを見ると、あまりに個性的過ぎて引いてしまうことが多いです。

他にも記事の文体やプロフィールの写真なども同様の状況になります。

 

できたら、出版を目指すのであれば、出版社の方が見たときに「一緒に仕事をしたい」と思えるブログを用意して、そっちのアドレスを企画書に記載するようにしましょう。

ちなみに、あの人も、あの人も、あの人も、ブログで却下されてしまいました。

 

そんな理解の無い奴は、こっちから願い下げだというのであれば構いませんが、それだけのことで機会損失をしているのはもったいないと思ったので…。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ビジネスを加速する商業出版の方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビジネスを加速する商業出版の方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 出版して、二冊目、三冊目を出版する方法

  • 本の企画を出版社に売り込みする方法

  • 本気で本を出版したいと思ったら…

  • 出版コンサルタントや出版プロデューサーの実態

  • 出版する本の原稿を執筆する方法

  • 著者が出版した本を売る方法